×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

音楽専門学校と大学の違い

音楽関係の専門学校は数ある専門学校の中にあってもでも、あまり現実的な分野ではなくではなく、音楽専門学校は趣味を兼ねた進路選択だと思われてしまいがちですが、進路として決して難しいことではありません。
では専門学校と大学の違いは、どこにあるのでしょうか? 専門学校は、1〜2年制のところが大半で、大学は4年制が基本だと思います。専門学校では、その短い時間の中で、即戦力となるような人材を育成てていくことを目的としていますので、実践的な知識・専門技術を取得するように指導をしていきます。専門学校は期間的に見た場合は、希望する職種への最短の道、と言えるでしょう。一方、大学は、4年という長い期間を活かして、専門的な分野に関する「幅広い知識」と併せて教養科目も学んでいきます。実技・実習よりも、学問的なものにウエイトが置いているのが特長で、教養科目も多くなっています。

音楽専門学校の学習内容

音楽専門学校と大学では、学習期間はもとより、教育内容や施設や設備にかなりの違いがありますから、これが学費の大きな差となっています。また、取れる資格においては、専門学校と大学では全く同じ場合もありますが、学校においては違いがあるものもあります。
音楽専門学校はどうかといいますと、ポピュラーな分野ではないのですが、努力しだいで可能なのは音楽関係の専門学校を出て、音楽業界の裏方やスタッフとして就職することです。音楽の専門学校には、ミキシングやレコーディング等の音響技術者(エンジニア)関係の学科や、コンサートイベント関係の学科もありますので、働く場所も多彩です。専門学校在学中に、音響関係の資格取得にチャレンジする人も多くいるようです。
就職面では、専門学校卒と大学卒の場合、給料が数万円違う場合もあります。
就職したての頃は、専門学校卒の人の方が即戦力として重宝される傾向がありますが、数年経つと、大学卒の人の「幅広い知識」が買われ、評価が逆転することも少なくありません。

音楽の専門学校を出たからといって

音楽の専門学校のヴォーカル科、ミュージシャン科などを出たからといって、アーティストとしてデビューし成功できるとは限りませんし、基本的には才能と個性が勝負の世界だからです。しかし、努力しだいで可能なのは音楽関係の専門学校を出て、音楽業界の裏方・スタッフとして就職することです。
音楽の専門学校には、ミキシングやレコーディング等の音響技術者(エンジニア)関係の学科や、コンサートイベント関係の学科もあるので、働き口も多彩です。専門学校在学中に、音響関係の資格取得にチャレンジする人も少なくありません。音楽が好きな人のスキルアップの場として、専門学校は、大きな役割を果たしているのです。
音楽やエンタテインメントの世界では、プロをめざすためのさまざまなチャレンジをするほどに大きな費用がかかります。たとえば専門学校に通いプロミュージシャンをめざす学生は、授業内だけでなく自らスタジオを借りて練習することなども多々あります。CDの原盤を作るにもレコーディングスタジオを借りなければなりません。ライブともなればライブハウスからチケットノルマという名の利用料金を求められます。